専門店で作成

車体の前方

イモビライザーの鍵作成は専門店で行なうことができる。
特殊な鍵作成となるので、どこでも行われているわけではないので注意して欲しい。
鍵にチップを付け、ID認証し、車体に搭載されたコンピュータがそれを認識することで、エンジンを動かすことができるのである。
車に防犯機能を付けることもできるが、車の鍵を壊し、エンジンを動かされてしまえば対処のしようがない。
イモビライザーは鍵と車両に二重に認証機能が付いていることから、このエンジンを動かされてしまう可能性を限りなく低くすることができる。
こうした機能がヨーロッパの車両では標準装備されているため、装備されていなかった時代よりも車両盗難率を減らすことができている。
日本でも盗難件数が増えてきているので、用心深い人は既に搭載された車両を利用している。

日本の車製造会社でも、こうした盗難増加を鑑み、スマートキーなどにイモビライザーを標準装備するようになっている。
あまり防犯意識も持っていない人が、実はこのイモビライザーが搭載された車に乗っていることを知らずに利用しているということもある。
その場合、うっかり合鍵を作成してしまい、動かそうとしても動かないということもよく起こっている。
車の車種や鍵、車の内部の機能を調べることで簡単にイモビライザーが搭載されていることを知ることができるので、合鍵作成をする前にかならず確かめて欲しい。
イモビライザーを搭載しているからといって、保険を付けないと危険なので、盗難保険は付けておいたほうが良い。

正しい使い方

テーブルの上からキー

せっかくイモビライザー用の鍵作成を行っても、正しく使えていなければ意味が無い。そもそもその機能が付いていることすらわからない人もいるので、まずは知ることが大事である。

Read more

もしものときのため

キーを持つ女性2

盗難防止に便利なイモビライザーは、鍵と車両に搭載しているコンピュータが連動することでエンジンが動く。このため、もし紛失しても困らないように、合鍵作成をする必要がある。

Read more

料金を知る

ドアにキー

鍵作成のために駆けつけてくれる業者を前もって選ぶのであれば、料金設定についても知っておいた方が良い。イモビライザーの鍵を作る料金は車両のグレードごとに違うこともあるので、注意して欲しい。

Read more

後から付けられる

キーをもつ女性1

車両保険が安くなるということもあり、今持っている車両に後からイモビライザー鍵作成をする人もいる。その取付を行っている業者もあるので、盗難防止に是非活用したいものである。

Read more